SSブログ
前の10件 | -

「やまんば おゆき」配役検討会議実施中! [やまんばおゆき]

非常事態解除も近いようです。劇団も来月から稽古開始予定です。コロナ禍に苦しんでいらっしゃるすべての皆さん、もう少しの辛抱です。

さて、現在演出部4人で配役を決める会議をやっています。難しいところはおおむね解決したので、6月の稽古には間に合いそうです。早く配役を発表して稽古を始めたいですねえ。

稽古期間はいつもより短いとはいえ、6月稽古開始なら12月の公演は打てそうです。

生の人間が演じ、それをお客様が直に観て楽しむ。ずっと当たり前だと思って続けてきた演劇活動ですが、実はけして当たり前ではなくひとつの奇跡だっとのだと、今回のことで痛感しました。実際、この自粛の間、プロ、アマチュアを問わず多くの劇団が公演を断念してきました。再開できるようになったら、みんなでこの奇跡を大切にしてお祭りをしましょう。

多くの方のご来場をお待ちしております。

↓ 「やまんば おゆき」上演台本。

20200522_150819.jpg

↓「やまんば おゆき」原作です。もちろん原作も素晴らしい。箕田源二郎さんの挿絵もステキですよ。


やまんばおゆき (フォア文庫)

やまんばおゆき (フォア文庫)

  • 出版社/メーカー: 金の星社
  • 発売日: 1986/11/01
  • メディア: 新書



あらすじ

おゆきが嫁いだ村では六十歳になると村を出て終わりのない巡礼の旅に出るのが掟でした。おゆきは若いときから人の言うことをなんでも「はい」と素直に受け入れる女性でした。ところがおゆきが六十歳を迎えたとき、巡礼の旅に出るようにという村役の言葉に初めて反抗し村から姿を消してしまいました。しばらくすると村に妙な噂が広まりました。

貧しい山村に生まれたおゆきという女性の一生の物語。山村の四季が美しく描かれていて、貧しさに負けず誠実に生きる人々の息づかいが感じられる素晴らしい作品です。

nice!(0)  コメント(0) 

5月の稽古も中止(涙) [稽古予定]

残念です。
代表から連絡があり、5月の稽古もすべて中止だそうです。公民館も使えないのでは仕方がありませんね。

現在、台本を団員にデータで配付し、並行して印刷作業を進めています。演出部ではキャスティングも考えていますが、キャストが足りていないこともあり決定には程遠い状態です。

30周年ということありますので、これまで座・劇列車と縁のなかった皆さんにも参加していただきたいと思います。コロナでたまったエネルギーを芝居にぶつけてみませんか!

ああ、早く稽古したい!稽古できることも公演を打てることも当たり前ではないのですね。あの宝物の日々をもう一度取り戻しましょう。絶対!

nice!(0)  コメント(0) 

本公演演目決定! [やまんばおゆき]

30周年・第31回公演の演目が
『やまんば おゆき』
(作 浜野卓也 脚本 西田了 脚色 高平九)
に正式に決まりました。

演出は福山啓子(青年劇場)先生にお願いしました。

1991年、四街道市の文化振興事業によって集った市民が、西田了先生(当時『劇団あすなろ』主宰・故人)のご指導で、この『やまんば おゆき』を朗読劇として演じました。

参加者のほとんどは初舞台だったそうです。そもそも演劇とは無関係のコミュニケーションの講座だったとか。西田先生はご自分でも「僕はアジテーター(煽動者)だから」とよくおっしゃっていました。参加者を上手に煽って芝居をやる気にさせたことでしょう。先生のいたずらっ子なような笑顔が目に浮かびます。

朗読劇ですから、もちろん朗読が主で大勢の参加者が交代で朗読をし、一部をお芝居として演じるという形式だったそうです。参加者が多かったこともあり、広い文化センターが満員になったと聞いています。参加者の多くが芝居の魅力に虜となって劇団が作られたそうです。

今回は西田先生の脚本を元にお芝居の台本を作りました。演出の福山先生、演出補の船津先生のご指導もいただき、いい本に仕上がったと思います。

劇団には30年前の公演に出演者が今も3名残っています。そして、今回は元劇団員の方も3名参加してくれます。また出演者の中の4名は30年前にはまだ生まれていませんでした。座・劇列車らしく、今回も様々な世代の出演者で新たな『やまんば おゆき』を演じます。

物語について

信州の貧しい山村に生まれたおゆきは、薬売りの六の仲立ちで峠の向こうの遠州の村に嫁に行きました。夫の弥五は妻を亡くし2人の子持ちでした。おゆきは何でも「はい」と言う素直な性格からすぐに村の人気者になりました。
村の近くの「ばち山」という藪の奥には恐ろしい「やまんば」が住んでいて、その姿を見た者は食われてしまうと言い伝えられていました。
また、村には60の年を迎えた者は巡礼の旅に出なければならないという掟がありました。
ある朝、一番鶏ではなく赤ん坊の泣き声で目を覚ましたおゆきは……。

江戸時代の信州と遠州の境にある貧しい村が舞台です。村人には重い年貢が課せられ、飢饉の年には多くの者が飢え死にをする。そんな厳しい生活の中でも、善良さを失わず健気にたくましく生きるおゆき。どんな環境にも負けない人間の心の強さと美しさを信じさせてくれる物語です。


↓ 『やまんば おゆき』原作です。 箕田源二郎氏の挿絵が入った絵本です。


やまんばおゆき (フォア文庫)

やまんばおゆき (フォア文庫)

  • 出版社/メーカー: 金の星社
  • 発売日: 1986/11/01
  • メディア: 新書

nice!(0)  コメント(0) 

4月の稽古 [稽古予定]

祈りも空しく4月の稽古も中止になりました。

普通に生活をして普通に芝居の稽古をしていた頃が恋しいです。

「ありのすさび」

という古語があります。「ありのすさみ」ともいいます。「あり」は「有(在)り」、「すさみ(び)」は「遊み(び)」のことです。

「それがあるときにはいい加減に思っていた」という意味だそうです。

「あるときはありのすさびに語らはで恋しきものと別れてぞ知る」(古今六帖)

という和歌が辞書を引くと用例で載っています。

歌意は「あなたと一緒にいたときにはいい加減に思って親しく語り合うことも少なかったが、別れた今になってあなたを恋しいと思う」とでもしておきましょうか。

「語らふ」には男女の場合特別な意味合いもあるので、実にリアルな恋人への感情を表現した歌として解釈することもできます。作者はおそらく男性でしょうね。大人の方は察してください(笑)

そうそう。あの紫式部も好んだ言葉だそうです。

ごく普通の日常を今私たちは失いつつあります。ウィルスに感染した方、あるいは身近に感染した人がいる方には心からお見舞い申し上げます。

ですが、まだそうではない方は「ありのすさび」を感じつつも、その非日常の生活の中でこれまで出来なかったことをやってみたらどうでしょう。読書でもビデオ鑑賞でもいい。料理を作ったり小説や脚本を書いたり、手紙を書くなんてのもいいですね。絵画、音楽、筋トレ。

そうすれば失った日常とはまたひと味違う日常が、この先の未来に手に入りますよ、きっと。

ちなみに私は先日演出家から依頼された脚本の手直しを……あっいけねえ。これって劇団のブログだったぜ。

閑話休題。

次回の稽古は5月8日(金)です。
今度こそ普通に稽古が出来ることを切に祈ります。
nice!(0)  コメント(0) 

3月の稽古について [稽古予定]

先ほど代表から稽古中止の連絡がありました。

四街道公民館館長から連絡があり、3月14日~4月5日まで休館だそうです。なお、これは四街道市コロナ対策室の決定事項で市内の公共施設全部で実施されるとのことです。

というわけで、再開予定でした3月20日(金)の稽古は中止になりました。確認はしていませんが、このままだと27日(金)、4月3日(金)も難しいですね。4月10日(金)の再開を切に祈ります。


nice!(0)  コメント(0) 

ホームページ代表挨拶更新 [その他]

劇団ホームページの入村代表挨拶を更新しました。
ホームページには30年間に上演した作品の記録(公演写真、チラシ画像など)も掲載しています。

まだご覧になっていない方は一度覗いてみてください。

http:// www015.upp.so-net.ne.jp/ZaGekiressha

nice!(0)  コメント(0) 

10月11日(日)『俺らってやっぱ天使じゃねえ』上演! [公民館祭公演]

10月11日(日)
四街道公民館祭にて
『俺らってやっぱ天使じゃねえ』(高平九)
を上演することになりました。

Point Blur_20200227_181502.jpg
今年1月の小芝居祭(市内の高校演劇部の交流会)において、山田組(顧問とOBのユニット)が初めて上演したコメディです。
(写真は山田組)
まだ、半立稽古を始めたばかりですが、劇列車版もかなり面白いものになりそうです。
あらすじ
神原真莉は困っている人を見ると放っておけない性格。今まで何人もの保証人になっては裏切られ、すでに町金から1億円の借金をしていた。長女の安寿は恋人の沖津に求婚されていたが、家の借金のために返事ができずにいた。次女の美加は数学の天才で、リーマン予想の懸賞金で借金を返済しようと目論んでいる。そして、今日また真莉が知らない男柴田を拾ってきた。
『バスジャックプレイヤー』に続く、上演時間約30分のコメディ、略して半コメの第2弾。今回も笑った後に驚きの展開が……。

nice!(0)  コメント(0) 

稽古自粛について [稽古予定]

次週3月6日(金)、再来週3月13日(金)の稽古、および3月14日(土)の定例稽古も中止になりました。次回は3月20日(金)の予定です。劇団の仲間と会えないのはさびしい。ウィルスに負けず20日にまた元気に稽古しましょうね。

nice!(0)  コメント(0) 

お知らせです。 [稽古予定]

来週3月6日(金)、再来週3月13日(金)は稽古がお休みになりました。3月14日(土)については未定です。残念です。
nice!(0)  コメント(0) 

謹賀新年 [その他]

あけましておめでとうございます。
昨年も座・劇列車への応援ありがとうございました。

今年は12月6日に30周年公演を予定しております。毎年積み重ねて参りました公演も31回になります。これまで支えていただいたすべての皆様に感謝を込めた公演にしたいと思っております。

劇団員は現在13名。最初の公演から参加している団員が3名おります。ベテランの団員もすこぶる元気
。そこに若手の団員3名も加え、ますます劇列車の快走は続きます。

今年もご支援よろしくお願いいたします。

tengoku53.JPG
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -